top

<ビクセン製150mmニュートン反射鏡筒>

2006年にアイベル(三重県津市)にて中古品を購入。鏡筒の銘盤から、1980年代に生産されたことが判ります。ネジが錆だらけ等かなり劣化が進んでいたためか、鏡筒バンド付きで1万円弱でした。鏡面の状態は良好でした。前のオーナーが交換または再メッキをした可能性もあります。あるいは、特にビクセンの鏡が耐久性に優れていたのかもしれません。口径は150mm、焦点距離は750mm天文ガイド2003年7月号にテストレポート記事があります。





ビクセン製GP赤道儀と組み合わせました。これは、1999年に同じくアイベルで新品購入したものです。




Panasonic製G5を装着した状態。
スライド式接眼部は、天頂付近へ鏡筒を向けたとき、カメラの重量で下方へズレようとするため、ピントを合わせにくいという欠点があります。
しかし、このような軽量カメラでは、あまり問題はありません。
スライド式接眼部という形式は、無理なく筒外焦点距離を短くできるので、斜鏡が大きくなりすぎるのを防止できるという特長があります。
この拘りがありながら、36.4mmというネジ径を採用したメーカーの方針は疑問です。もっと大きな径を採用すべきでしょう。
もっとも、すでに生産終了のシリーズですが。



ファインダーは、倊率6倊口径30mm。ビクセンのロングセラーです。

この口径では、星雲・星団の導入には力上足です。せめて、35mmにしていただきたい。
また、この鏡筒との組み合わせとしては、脚を少し短くしていただきたい。




月を撮影したトリミング無しの画像です。
750mmという焦点距離でフォーサーズ規格のカメラでは、この画角になります。



これは、少しトリミング有り。



(まとめ)

20年程度でネジが錆だらけとは情けない。耐久性には力を入れていただきたいものです。接眼部が36.4mmという点も疑問です。当時から、同社の口径80mm以上の屈折望遠鏡では43mm以上でした。以上のように上満もあります。しかし、総じて見ると、優秀です。20年経過しても、接眼部のギアなど肝心な部分は大丈夫! 短焦点でありながら、木星の縞模様はクッキリ見えます。


以上