top

 <ノンブランド(中国製)102mmアクロマート鏡筒>

2001年に国際光器(京都市)にて新品を購入(2万円強)。「マゼラン102M《という吊称で販売されていましたが、メーカー吊は非公開です。 口径は102mm、焦点距離は1000mm。アクロマートで色収差は目立つものの、良く見えます。土星のカシ二溝を明瞭に視認できます。 鏡筒外径は、実測で100mm。コストダウンのためか細めです。 対物レンズキャップの太陽観測用絞り穴は、直径53mm。切り良く55mmが良いと思うのですが・・・

 

対物レンズの前面です。細長い円柱形のゴムを巻いたものを使って、レンズを緩衝しつつ固定しています。安価な望遠鏡でありながら、レンズへの圧迫による歪み を防ぐ配慮がされています。しかし、写真のように切れ目ができています。2枚のレンズの間には細かいホコリが少し入り込んできています。何年も使用しているうちに、この切れ目から入り込んだものでしょう。要改良です。最近の生産品では改良されているのかな?

 

 

コーティングは4面全面へ施されています。

 

黒色だった接眼部ですが、5年ほどで塗装が薄くなり地金が出てきました。擦ったわけでも、直射日光下で保管していたわけでもないのに情けない。 太いドロチューブで2インチの接眼レンズも使用できる点は、ありがたいところです。

銀色のラッカースプレーと黒色エナメル塗料で塗装しました。

 

 

ハードオフでジャンクの58mmスカイライトフィルターを買い、ガラスを外して金属リングのみを、対物レンズキャップの内側に接着。 接眼部先端の金属パーツには、対物レンズ側に、ヨドバシカメラで買った新品の43-46mmステップアップリングを接着。もちろん、後で再び黒色塗装。 もちろん、フィルター装着のため。

 

室内で照明の方向へ鏡筒を向けて迷光処理を確認すると、こんな具合です。小さな穴があるのか?バッフルから光が漏れている部分があります。また、写真からは分かりにくいのですが、鏡筒内側の先端付近では反射が目立ちます。バッフルを追加するか太い鏡筒を採用すべきです。しかし、総合的には良い出来だと思います。

 

パナソニック製G2にて、直焦点撮影。テレコンやフィルターは無し。

 

金星の太陽面通過。パナソニック製G2にて、直焦点撮影。フィルター4枚(ケンコーG533+ケンコーND400+ケンコーC8+マルミSO56)。

撮影地:滋賀県草津市

 

(まとめ)

細かい上満もありますが、安価ながら良く見える鏡筒で、10年以上愛用しています。

 

以上